カメラの差

やっべサボりすぎだ!
うっかりするとすぐ更新途切れるので無理やり更新

今回はコンデジやスマホの小さいセンサーのカメラと
マイクロフォーサーズとの差がどこで出るか?と言う話

作例を同じ物で撮ってないので参考までに。

●マイクロフォーサーズ

撮って出し

撮影したまま

切り出し等倍

等倍切り出し

●コンデジで撮影

ブログサンプルコンデジ撮って出し

撮ったまま

ブログサンプルコンデジ等倍トリミング

等倍切り出し

●でもって

見ると分かりますが等倍でみると、コンデジの方がISO低いのに
暗所でざらつきが大きいですし、ちょうちょはざらざらに荒れて見えます

全体で見ると綺麗に写りますが、等倍にするととたんに油絵みたいな潰れ画になるのが
最近のコンデジやスマホのセンサー的特徴でもありますね。コスパ重視の調整といいますか。

ちょうちょをマイクロフォーサーズで切り出しだとこんな感じ(以前のインダスター50-2より)
インダスター50-2で撮影

まーコンデジならズームで撮るという方法もありますが
光学ズームのないスマホだと、どうやってもお月様なんかを大きく撮影ってのは無理です
そう言う画質が気になるかどうかがカメラとレンズ沼の入り口とも言います(`・ω・´)オイデー

一方でコンデジ側にもメリットがないわけでもないので、次回はそこら辺を・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA