シンプルにスナップ写真の話をまとめてみる

えらい間が開いてしまいました。

その間SMC Takumar50mm f1.4/f1.8のボケと解像度の高さに驚いたり
New マクロFD50mm F3.5とかで撮れない!三脚ヨコセ!とか色々試行錯誤したり

Amazonの製品レビューで関係を明示しても個人依頼が禁止になり
今まで通りにはいかなくなっちゃった!とか諸々ありました

それはさておき、以前の記事で長すぎた話を簡単にまとめようと思いまして。

結局、何が罰せられて何が問題ないのか?

最近のネットでの論調は無断撮影=盗撮で処罰しろ!というのをよく見かけます
しかし、実際に刑罰が処されるものはかなり限定されています。

撮影そのものは公の場において、表現の自由に基づいて自由にできます
これが大前提で規制されている被写体や撮影方法があるという形になります
そうでなければ、世の中のカメラはすべて販売できなくなってしまいます。

規制されている被写体とは?

東京都の迷惑防止条例である
公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」を元に紐解きます。

第五条 何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。
一 公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること。

二 公衆便所、公衆浴場、公衆が使用することができる更衣室その他公衆が通常衣服の全部若しくは一部を着けない状態でいる場所又は公共の場所若しくは公共の乗物において、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること。

三 前二号に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言動をすること。

取り締まりの根拠は五条の二にある
”通常衣服で隠された下着or身体を撮影もしくは撮影目的で差し入れる行為”となります
通常のスナップ写真ではまず引っかかりません、安心して撮影しましょう。

海水浴場で水着撮影は?

条文だけ見ると、海水浴場で水着撮影は問題ないように思えますが
これは、5条の三にある”卑わいな言動をすること。”
北海道での判例から
撮影行為を卑わいな言動として捕えているそうです(詳しくは下記参照)

海で水着の女性を撮影したいです。盗撮になりますか? | 刑事弁護のエキスパート|弁護士 石川雅巳

海水浴場で取り締まるべきはCOOLPIX P900みたいなネオ一眼構えてる方なんですけども

この条例運用が拡大解釈されて、相手が気に入らなければ逮捕というのが一人歩きしているように思えます
ポケモンGOでレンズを外に向けたら逮捕という騒動がおき、自治体が否定したことがまさにそれを物語っているかと
【ポケモンGO】盗撮規制強化の条例改正案で「検挙される」?滋賀でも広がる波紋

基準は卑わいかどうかになるので通常のスナップは気にする必要はないです。

迷惑防止条例の運用は男性→女性だけに想定されて運用されているとか
いろいろ運用上疑問があるのは確かですが、警察も何でも捕まえるわけではありません。

補足事項

ネット上での公開は肖像権などの侵害を問われる可能性があります
撮影と公開はまた別の話となっています
判例から被写体を貶めたり吊し上げるようなものは避けた方がよいでしょう

撮影時に被写体から苦情がはいった場合は
双方合意の上で写真を消去するのが落としどころです

警察24時などで写真を消させて終わらせているのは
苦情来たから消してね?という仲裁です
実際はこれらも盗撮扱いで放映するので、誤解が広まる原因の気が・・・

以上の見解は私個人による解釈ですので
実際の法律の判断は自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA