ClaptonCoil

まあ何事も経験

自分の場合、基本はTwisted Coil(2本捩った線でコイル)でした
爆煙主流な数年前にClaptonは流行っていたので、当時はスルーしていたのですが
再開したんだし、冷やかしてみようかな~という事でひとつ

家族に不器用とよく言われる自分ですが、まあ何とでもなるでしょう(たぶん

お約束

このブログでは電子たばこを扱っていますが、未成年者への利用を推奨していません
法律上の規制は日本では行われていませんが、すでに海外では規制されていること
たばこの喫煙を助長しかねないこと、爆発など取り扱いの注意が必要なことから
電子たばこの未成年者の利用は控えるべきというスタンスです
そのため、ここから先は未成年者の閲覧はお控えください

続きを読まれる方は上記を了承したものとします

実は単純

ClaptonはEric Claptonのギター線からきてるらしく
芯線の周りに細い線を巻き付けたものをClaptonと称するそうです
レクチャーとか面倒だからここでは省きます

普通に電動ドライバーで回して巻く動画

釣り道具の”よりもどし”を使って長い芯線でも安定させる方法

動画貼っておくので知りたい人はどうぞ

28AWG(30ft)38AWG(100ft)をポチっとしまして5ドル位

28AWGは0.32mmなので針金感ありますが、38AWGって細い毛髪です

38awg

こんなの使ったことないので調べたら0.101mmという;

この組み合わせはNarrow Claptonといわれて販売されてもいます
デッキが狭いアトマイザーでも利用できるとかで人気ありますね

既製品の方が楽できれいでしょうけど、そこはそれ
自分でやることに意義がある的。ぶっちゃけ高いし。

電動ドライバー巻き付けてよりもどし使わずにぐるぐる・・・

最初のうちは二重に巻いたり酷いものでしたが
コイルなら足側にしちゃえばいいんでセーフセーフ

なれてくると楽しいのです・・・が、この組み合わせだと
10cm前後でないと手が疲れてくるので要注意。

巻いてみます

DoggyStyle(clone)に2mm芯でぐるぐるっと
巻いた38awgを崩さないかドキドキでしたが、意外と普通に巻けました

巻き直後

焼いて焼いて

きれいな金属色は出ませんが実用なのでオーケーです
5巻 0.8Ohm前後になりました

お味

単線でも十分に濃いDoggyStyleですが

doggystyle (clone)

DoggyStyleClone記事

エアフロー半分で20Wオーバーにした所
濃厚すぎて味がわからない位でむせそうになりました;

慌ててエアフロー最大&18Wで濃縮かつ味がわかる感じに
はき出した蒸気にも味を感じる位に濃厚です

HC FATBOYだと全部の味わいがまとめて塊になって出てくるのと
甘さも強くなってマンゴー感がアップ、相性抜群ですね

逆に細かな要素はわかりにくくなるので
リキッドやアトマでの向き不向きもあると思いますが
Claptonは味狙いでもありでした、偏見で見ててすまなかった感。

もうちょっと楽に作れるようになるといいんですが・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA