空白期間とウェイトトレに目覚めた話

スポンサーリンク

人との離別があったりで

ある意味放心してた、といいますか。
極めてプライベートで語っても面白くない話なので詳細はすっ飛ばします

1年以上、後始末や喪失感なんやかんやでバタバタした挙げ句に
「これから何したらいいんだろう」と言う感じになりまして
写真撮影もブログもTwitterも気力やモチベが萎えてしまいました

へこんでるひと

だからといって、なにもしないと超ネガティブかつ
余計なことをクヨクヨと考えてしまう
ので・・・どうするかなあと

今までできなかったことをしようと思った

ああそうだ、「ダイエットでもしてみるか」とふと思いつきました
いままでの環境ではやりたくても出来なかったけど、いまなら出来るなと
(うっかりア界に迷い込まなくてよかったな自分)

だいえっと

で、色々ダイエットについて調べるようになりました

過剰な糖質制限は「こうかはばつぐん」ですが
ケトアシドーシスや心不全やらで
突然死する人が多く出ていると聞いてパス

いのちだいじに!いのちだいじに!

(大切なことなので2回)
とりあえずリバウンドしないように、まず基礎代謝を上げる必要あるねと

本心は無心で打ち込める物を求めていた

以前もウォーキングや自重トレをしていましたが
どうにも体重の減りが良くないし、自重はそもそもキツくて回数ができない

ジムとか行くべきか?とも思ったんですが
月謝払って通うのダルい、過去あの界隈の空気感にいい思いがなかったのも大きい

デッドリフト ジムに見学いったらデッドリフトおしえてください!で大体そこの質がわかるそうです デッド怖い人はフリーウェイトおしえてください!でも可。

出来ない人間だからこそ他人を気にせず
黙々とマイペースにやりたい、それなら天候不順でも出来る
自宅でウェイトトレしたらいいよねって

で、数週間悩みに悩んでリーディングエッジの
ダンベル30kgセットと同ブランドのフラットベンチを購入しました

結果として自分には大当たりでした

みるみる変わる身体とココロ

最初の頃は本当にあがらなくて・・・
ダンベルカールが10kgムリ!とかそういうレベル

「高級漬物石にならないようにしよう」の一点で頑張り続けました
それがどんどん持てるようになるから、人間ってすごいです

幸いなことに、情報はたくさん手に入る時代なので
YouTubeを調べて回るのと専門書籍を読んだりして
色々トレーニングの知識、ノウハウを得ることができました

で、1ヶ月だけで体つきが明らかに変化して
やればやるだけ目に見えて重量はあがるようになり
変化が目に見えて分かるので、楽しいこと楽しいこと
(ただし体重はほとんど減らず)

モチベーションアップ

どんなにキツくても、全てを忘れて集中できるので
ただひたすら無になってトレーニングに打ち込めました

さすがにダンベルブルガリアンスクワットの時は
このトレーニング考えた奴、頭おかしいだろ』と叫びましたがw

この辺りでメンタルが凄く持ち上がって元気になり
良くも悪くもテンションあがりまくります
気がつけば、ネガティブなココロの迷路にハマることもなくなっていました

しかし調べると、普通は3ヶ月しないと成果が出ないらしい
あれ、おかしいなあ・・・とは思っていました

そして強制的に方針転換を迫られることになるのです

次回へ続く!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク