Withings Body Cardioのバッテリー交換

充電不良になったんですよ

体組成&心拍数を含むWi-Fiスマートスケール

We use cookies to offer you a better experience with personalized content. たった1ステップであなたの健康状態の全体像を把握することができます。Body Cardioは非常に正確に体重、BMI、体脂肪、水分量、筋肉量、そして骨量を測定します。また、心拍数を用いて心臓血管の健康状態を確認することもできます。 …

0%か100%にしかならない上に、USB電源外すとまったく動作しない
バッテリーがお亡くなりになったと判断しましたが、どうも修理代はけっこうするみたい
買い直せばいいじゃん?とか言われましたが・・・もったいない精神で修理することに
どうせ保証切れちゃってるからね

ちなみにこの機種、一部機能が途中で制限されて返金対応になった事も
一部海外では復活したそうですが・・・日本はお察しください
最上位なのにメーカーは活動量計の方ばかりに目が向いてて、長年更新されてません;

創業者→ノキア→創業者と買収から買い戻しって経歴も影響してるかも?

事前の情報収集

分解はiFixITにやり方がのってました

Withings Body Cardio Teardown

This month, we’re cracking the case of the Withings Body Cardio, one of the most advanced consumer body composition weighing scales on the market today.

コメントから3.8Vで2100mAの容量7.98Whの出力をするバッテリーを使っている
サムスンのスマホで使われているバッテリーだろうと
(交換できる時点でかなり古い機種ですね)

この時点では同一品か分かりませんが
DoCoMo SC07/Au SCL21UAAがスペック同一とわかりました
ROWAの互換バッテリーをAmazonで注文
数百円の差もあり汎用充電器付を選択することに

作業開始

iFIX文中ではトルクスねじとありますが、日本版は六角ナット1.5mmで開けられました

めちゃくちゃ強い両面テープでガッチリ付いているので、そっちを剥がす方が大変;
顔真っ赤にしながら格闘すること数分、どうにか引き剥がせました。

電源スイッチと充電ポートがある部分にケーブルが刺さっているので引き剥がすときは注意

ツッコミどころ

思っている以上に作りがてきとうすぎる

・バッテリーの接続はハンダ直付けにグルーで固めていました、さらにツメと両面テープで固定
・ナットネジの受けは金属ではなく、樹脂パーツで受けているので開閉繰り返すとバカになる
・両面テープ神話で組み立てられた中華タブレットみたいな感じ(製造中国)
・見ていただくと分かるように、バッテリーが膨張していました
日本のメーカーじゃ絶対ない作りだなと

バッテリー交換

あらそっくり。(にんまり)
横の長さが互換品はちょっと短いですが実用上問題なし

あとはそのまま同じように半田付けして端子部にグルーどろっと流して
フタして本体が見事に完全復活しました!(下手くそなので写真省略)
本当はもうちょっと交換しやすくしたかったんですが、思いつかずに楽しました

やったぜ!

注意点は端子部をやすらないとハンダが乗らなかった事と
プラスとマイナスをショートさせないように、マスキングテープ等で絶縁して別々に付ける事でしょうか
Withingsもこの辺の問題を認識しているのか、あとから出た下位モデルは単四電池になってましたね

そんなわけで

無事に修理完了、四隅のセンサーも問題なく動作で完璧に復調しました
なかなかいい経験になったと思いますが、この作りはないな;
次壊れたら下位モデルか別のにしますかねえ・・・

注意点として2016年製造の物を開けています
年代が進んで内部仕様が変わっている可能性もあるので
試すときに異なる事例もあるかもしれません

また、メーカー保証なくなりますし自己責任でおねがいします
この記事において、その辺の責任追求および苦情は一切お断りします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク