自宅トレーニングのススメ

コロナウィルスがジムで大拡散

東海テレビNEWS

名古屋市は新たに、市内に住む50代から70代の男性4人と女性1人のあわせて5人が、新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。  男性4人のうち2人は、ハワイ旅行後に陽性が判明した60代の女性が訪れた施設で感染していたとみられていますが、ほかの2人は別の施設です。  また、女性は20日に感染が確認された80代男性の妻です。  愛知県内で感染が確認されたのはこれで25人となりました。 …

新型コロナウイルス感染症患者の発生に伴う調査結果について(令和2年2月25日)

下船後にスポーツクラブ利用 感染男性、調査で申告せず―静岡:時事ドットコム

静岡市は1日、2月28日に新型コロナウイルス感染が確認された同市在住の60代男性が、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」下船後に市内のスポーツクラブを2回訪れ、浴室を利用していたと発表した。男性は、市の当初の聞き取り調査では申告していなかった。

健康的でブームになっていたスポーツジムに暗雲です
愛知の事例では複数施設で感染が広がり、えらい事になりましたし
千葉県のケースでは濃厚接触扱いが600人と読売新聞が報道しています

静岡ではダイヤモンプリンセスの下船後に発症が確認された男性が
下船後にスポーツクラブで入浴利用を2回していたそうです(未申告)

新型コロナウィルスも騒動が大きくなっていますが、既往症がない人の殆どは軽症みたいですから
熱が出たら、風邪でもインフルでもなんでも
基本的に外へは拡散防止に極力外出しないようにして、回復させる事を重要視したいですね

テレビのワイドショーは連日煽り立てていますが、冷静な対応が一番
報道は正確な情報を淡々と伝えるだけでお願いします

今こそ家にトレーニング機器を入れよう

これだけコロナが勢いを増すと、ジムに行くのもリスクを負うことになります
家にベンチとダンベルセットを導入するのもいいよって言うハナシ
特に家族が渋りそうな環境の人は、今が切り出しやすいんじゃないかなと

メリット

いつでも好きなときに好きなだけ黙々とトレーニングできる
インターバルの時にだらだらしても大丈夫
雨の日でも出かけずにすぐトレーニングできる
コロナウィルスほか感染症、インフルエンザも怖くない
注意点として、一人で黙々とこなせるタイプじゃないと向きません
群れてヤりたい、他人に見せたい、見られたい、空気感が欲しい人はジムがオススメ

写真のダンベルとか

自分はおサイフと相談してベンチダンベルマットもリーディングエッジで揃えました
お金持ちならもっといい物はゴロゴロありますので、いい物をポチったらよいと思います
パワーブロックスタンドのセットとか理想型ですね!
(・・・宝くじ当たらないかなぁ)

全身を鍛える目安として男性なら30kg、女性なら20kgのセットかなと
プレート交換式は騒音がどうしても出るので集合住宅などでは可変式がオススメ

アーミーダンベルとかセメントダンベルは買わない方がいいです
デカくてトレーニングやりにくくて処分にこまる粗大ゴミになります。

高齢者の人は

ロコトレ | ロコモONLINE | 日本整形外科学会公式 ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト

ロコモにはいろいろなレベルがあり、それはどれくらい歩けるかによってわかります。十分に歩ける人と、よく歩けない人では、ロコトレのやり方も違います。自分に合った安全な方法で、まず「片脚立ち」と「スクワット」を始めましょう。 ロコトレはたった2つの運動です。毎日続けましょう! 1日の目安:左右1分間ずつ、1日3回 POINT ・姿勢をまっすぐにして行うようにしましょう。 …

ロコトレからはじめましょう
多くの高齢の方がムリをして、その後に寝たきりになる事例が増えているとか・・・
最近は元気な人も増えていますから気持ちも分かりますけどね

そういえば名古屋の拡散事例も高齢者からでしたっけね;

くだらないはなし

寝る前に間違えてプレワークアウト飲んだら
翌日もの凄い全身ぱんぱんのパンプアップと体重1kg増加でビックリ
夜にはしぼんで400g→400g→200gと落ちました;

その日はウォーキングしかしてなかったので
乳酸過多とかなのかな?と勝手に理由つけましたけど、未だに謎。

その2
ウェイトトレーニングでやたら風邪引きやすいってマッチョさんがいるそうですが
実のところドーピングの副作用で免疫が落ちるとかなんとか・・・

オーバートレーニング気味にしてたら弱りますから、全員とは言えないでしょうけど
1週間程度の完全休養もトレーニングのうちですね

自分は風邪もインフルもウェイトやり出してから無縁ですけど
免疫が何らかの理由で弱いと自覚ある人は要注意です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク